査証(ビザ)の発給や発行に要する期間
2024年4月12日最終更新
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所
オンライン申請で全国の入管に申請可能です

査証(ビザ)の発給や発行に要する期間

お世話になっております。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信 一善(ぬかのぶ かずよし)と申します。

本日は、
査証(ビザ)の発給や発行に要する期間
について紹介いたします。

「在留資格認定証明書交付申請をして、無事に入管の審査が終わった後、在留資格認定証明書を申請に渡して…、その後は…?」
と思ったりはしませんか?
わたくしは行政書士になったころはそう思っていました。
自分の仕事は入管の申請なので、当時、その後のことはあまり意識が回っていなかったのだと思います。

査証(ビザ)の審査期間やチャート図などが外務省のホームページに載っていることも、当時、未熟なわたくしにはそこまで意識が回らなかったのだと思います。

査証(ビザ)の審査については

ビザ(査証)発行に要する期間 外務省HPより

下の画像は外務省のホームページの画像のスクリーンショットになります。
査証発行までの期間、チャート、入管での査証の紹介を載せています。

Check!
査証(ビザ)の審査期間は申請した日の翌日から起算して5業務日
査証(ビザ)の審査期間は申請した日の翌日から起算して5業務日、と外務省の公式サイトで紹介されていますが、少しわかりにくい表現ですよね(正確ではあるんですけど…)。
一般的な表現に直しますと、申請した日から数えて約8日、になります。
Point
1

査証(ビザ)の申請先は日本大使館や総領事館

入管での在留資格認定証明書交付申請できちんと審査されているから、査証の発行はスムーズに行われます
日本に来て働きたい外国人の方々は、在留資格認定証明書が入管から発行されれば、査証の申請が無事に終わると思うから安心です。

ところで…、その査証はどこで発行されて、どこで査証の申請手続きをするのでしょうか…?

査証の手続きがどこで行われるか、ですが、
居住地から近い日本大使館や総領事館で査証の手続きを行っています。
申請をして、是非審査していただきましょう。

Point
2

査証(ビザ)の重要性

外務省のホームページの画像の2行目を見てわかると思いますが、査証の発行は疑義が生じると1か月以上かかると言われています。
1か月ではなく、1か月以上です。

入管から発行される在留資格認定証明書は、
「既に審査は入管で行っていますよ。」
というお墨付きであり、査証の早期発行に大いに役立っています

Point
3

査証(ビザ)の本当の意味

ところで…、査証(ビザ)の本当の意味はご存知でしょうか?

ビザは外国人一般の方の認識は在留資格のはずですが、
正式には、ビザは査証のことを言うのですね…。
これは、とても紛らわしいですね…。

そうなんです。
わたくしも、ビザという言葉が査証を指していることは当然知っているのですが、外国人の方々と認識を合わせるために敢えて在留資格のことをビザと呼んで会話を進めています

お気軽にお電話でご連絡ください
070-3892-7581 070-3892-7581
受付時間:10:00~19:00
Access

事務所からオンラインまでご希望の時間と場所で皆様のご相談を承っております

概要

店舗名 相続、ビザ、会社設立、補助金申請代行の『行政書士葛飾江戸川総合法務事務所』
住所 東京都葛飾区東水元4丁目11−40
電話番号 070-3892-7581
営業時間 9:00〜19:00
定休日 土日祝
最寄り 葛飾区、江戸川区を中心に周辺の地域

アクセス

葛飾区や江戸川区を中心に相続、車の名義変更、車庫証明、千代田区や港区で会社設立、補助金申請代行、台東区や新宿区でバー、スナック、キャバクラオープンを行う、地域のニーズに合わせた業務を行っています。
外国人(ビザ)関係、建設キャリアアップシステム登録でしたら、オンライン申請対応可の事務所ですので全国対応も可能です。
まずは皆様のお話をお聞かせください。
しっかり伺い、適法で安全なご提案をさせていただきます。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の特徴

この度は弊所のページを閲覧いただき、ありがとうございました。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信 一善(ぬかのぶ かずよし)です。
今回は、
査証(ビザ)の発給や発行に要する期間
について紹介させていただきました。

行政書士だけかもしれませんが、入管での難しい手続きに意識をほとんど持っていかれて、いざ在留資格認定証明書が入管から発行されると、
「あれ…、この後はどうするんだっけ…?」
になったりします。

わたくしは初めての申請はそうでした…。
入管の申請を無事に終わらせることが行政書士の仕事だと思い、そのあとのことまで意識が回りませんでした…。

今は全体を見て、出入国在留管理庁だけでなく、外務省のホームページや資料を見て、サービス向上を意識しています。

弊所の特徴についてです。
1 話しやすい事務所(三菱UFJ銀行での勤務時代、表彰経験あり)
2 スピードも意識しますが、不許可や入管からの追加資料の提出依頼が来ないよう、丁寧にしっかり固めて申請

を心がけています。

なお、
「先生これくらいごまかしてよ。」
「これくらい嘘入れても大丈夫でしょ?」
といった…、法に触れる手続きや申請には一切手を貸しませんのでご了承ください。
きちんとリーガルチェックを行い皆様を安全に、そして安心して本業に専念できるよう尽力いたします。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事