社交飲食店ので許可される『接待』ってどんなことができるの…?
接待ってどんなことか紹介していきます
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所

接待は主にこんなことができます

こういうのが接待行為です
Check!
接待行為があることで…
お店のサービスの幅が広がります
※深夜酒類提供飲食店の届出では上記のこと(接待行為)が許されていません
Point
1

接待有りのお店を作りたいなら

社交飲食店営業許可を取得しましょう

Point
2

許可申請は行政書士に依頼しましょう

100m調査や店舗内の実測など、申請書作成がとても専門的です…。
行政書士でも社交飲食店営業許可申請ができる先生は少ないです。

Point
3

許可申請からオープンまで約2ヶ月かかります

警察署に許可申請しても、東京都でしたら営業日のみで55日の標準処理期間(審査期間)が設定されています。
長いです…。
しかも、浄化協会(消防や区役所の職員も…)による実査がありますので、大変です。

お気軽にお電話でご連絡ください
070-3892-7581 070-3892-7581
受付時間:10:00~19:00
Access

事務所からオンラインまでご希望の時間と場所で皆様のご相談を承っております

概要

店舗名 行政書士葛飾江戸川総合法務事務所
住所 東京都葛飾区東水元4丁目11−40
電話番号 070-3892-7581
営業時間 9:00〜19:00
定休日 土日祝
最寄り 葛飾区、江戸川区を中心に周辺の地域

アクセス

葛飾区や江戸川区を中心に、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県エリアで対応しております。
外国人関係、建設キャリアアップシステム登録でしたら、オンライン申請対応可の事務所ですので全国対応も可能です。
皆様のお話をしっかり伺い、適法で安全なご提案をさせていただきます。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の特徴

恐れ入ります。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信(ぬかのぶ)です。

弊所は社交飲食店営業許可申請の実績のある事務所です。
皆様からご連絡をいただいた際には、まず100m調査を行い、お店が出せる場所か確認いたします。
わたくしは元埼玉県警察官で、図面を書くのが得意です。
そして申請の際は、必ず所轄の警察署に事前相談に行きます。

・客室の広さは法定通りか
・調光(スライダックス)は外されているか
・法定の明るさは維持できているか
・居抜き物件でしたら、隠しカメラや盗聴器は設置されていないか
など、レーザーによる計測器、照度計、電波探知機などを用いて、安全で適法なお店のオープンのお手伝いをさせていただきます。

皆様のよきパートナーとなれるよう努めさせていただきます。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事