遺留分とは
2023年10月25日最終更新
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所

遺留分とは

お世話になっております。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信(ぬかのぶ)です。
本日は、
遺留分
について紹介していきます。

相続手続きや遺言書作成において遺留分は必ず考慮されないといけない要素です。
なかなか聞きなれない言葉ですし、実際内容を見てみると、分数や計算が出てくるので敬遠しがちです…。

でも、必ず考慮しないといけない要素なので、分かりやすく紹介していきたいと思います。

遺留分とは…
Check!
遺留分は民法において以下のように記載されています
(遺留分の帰属及びその割合)第1042条
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、(中略)遺留分を算定するための財産の価額に、(中略)当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。
Point
1

遺留分の割合

遺留分の割合についてです。
相続人が、

・常に相続人の配偶者のみ
・第1順位の子のみ
・常に相続人の配偶者と第1順位の子
・常に相続人の
配偶者と第2順位の直系尊属
・常に相続人の配偶者と第3順位の被相続人の兄弟姉妹

の場合には、遺留分は相続財産全体の2分の1
となっています。

そして、例外として相続人が、

第2順位の直系尊属のみの場合は遺留分は相続財産全体の3分の1になります。

この割合にそれぞれの「法定相続分」(相続の全財産ではないのご注意ください)をかけた額が、それぞれの遺留分となります。
例えば、相続財産全体が、1,200万円で、遺留分が2分の1なら、遺留分は600万円になります。
遺留分が3分の1なら400万円になります。

注意点です。
法定相続分には登場した兄弟姉妹には遺留分はありません(民法第1042条)。
そのため、
相続人が常に相続人の配偶者と第3順位の被相続人の兄弟姉妹
の場合にはそもそも被相続人の兄弟姉妹に遺留分がないので、遺留分の分け方は、
相続人が常に相続人の配偶者のみ
の場合と同じになりますのでご注意ください。

Point
2

遺留分権利者とは

遺留分権利者についてです。
遺留分権利者とは、遺留分を持っている相続人のことをいいます。
「遺留分のことは少しわかったけど、じゃあいったい誰がその遺留分を持っている人なの…?」
て疑問が湧いてきますよね。
その遺留分権利者は以下の通りです。

1 配偶者
2 子
3 直系尊属


相続人の兄弟姉妹は法定相続人ですが、
法定相続分はあっても被相続人の兄弟姉妹には遺留分はありません(民法第1042条第1項)。
ここは要注意です。
ですから、相続人の兄弟姉妹は法定相続分が認められていますが、相続財産が0円で遺言書に書かれていた場合、遺留分侵害請求権はできない、ということになります。

余談ですが、この兄弟姉妹に遺留分がないことは法律(行政書士試験だけでなく、ビジネス実務法務検定でも)の試験でも出題される箇所です。


民法ではこのように記載されています。

(遺留分の帰属及びその割合)第1042条
兄弟姉妹以外の相続は、遺留分として、(中略)遺留分を算定するための財産の価額に、(中略)当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。

Point
3

遺留分の計算方法

遺留分の計算例
割合の説明だけではわかりにくいので、実際に数字を当てはめて各人の遺留分を求めてみましょう。

相続財産 1,200万円
相続人 配偶者A 子B 子C 子D
という設定で各人の遺留分を計算
してみます。

※計算結果だけを確認されたい方は、どんどん下へスクロールしてください。

まず、相続財産全体に対する遺留分の割合を求めます。
相続人が、配偶者と子の場合なので、全体の遺留分は相続財産全体の2分の1です。

なので、
全体の遺留分の金額は
相続財産全体の1,200万円 × 1/2 = 600万円

です。
 

次に、各人の遺留分を求めます。
配偶者Aの遺留分の金額
全体の遺留分600万円 × 法定相続分の1/2 = 300万円

となります。

子BCD各人の遺留分の金額
全体の遺留分600万円 × 法定相続分の1/2 × BCD3人いるので÷3 = 100万円

と、子BCD各人の遺留分は100万円になります。

今回の例では、
配偶者A 300万円
子B   100万円
子C   100万円
子D   100万円

となります。

お気軽にお電話でご連絡ください
070-3892-7581 070-3892-7581
受付時間:10:00~19:00
Access

事務所からオンラインまでご希望の時間と場所で皆様のご相談を承っております

概要

店舗名 相続、ビザ、会社設立、補助金申請代行の『行政書士葛飾江戸川総合法務事務所』
住所 東京都葛飾区東水元4丁目11−40
電話番号 070-3892-7581
営業時間 9:00〜19:00
定休日 土日祝
最寄り 葛飾区、江戸川区を中心に周辺の地域

アクセス

葛飾区や江戸川区を中心に相続、車の名義変更、車庫証明、千代田区や港区で会社設立、補助金申請代行、台東区や新宿区でバー、スナック、キャバクラオープンを行う、地域のニーズに合わせた業務を行っています。
外国人(ビザ)関係、建設キャリアアップシステム登録でしたら、オンライン申請対応可の事務所ですので全国対応も可能です。
まずは皆様のお話をお聞かせください。
しっかり伺い、適法で安全なご提案をさせていただきます。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の特徴

こんにちは。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信(ぬかのぶ)です。
弊所のページを閲覧いただき、ありがとうございます。
こちらのページでは
遺留分
について紹介させていただきました。

相続手続きは多くの手続きの集合体です。
平日に行わなければいけないものが多く、勤労層に優しくない手続きです…。
また相続手続きは1ヶ月から2ヶ月かけて行います。
長期間仕事を休み続けることは難しいので、そのようなときは是非行政書士を頼ってください。

弊所の特徴は以下の2点です。
・準備や事前ヒアリングを重視、皆様の安全と安心を優先
・コミュニケーション重視、皆様のお話をじっくり伺う
(代表行政書士は三菱UFJ銀行在籍時表彰経験も有り)

Contact

お問い合わせ