特定技能1号(建設業)の外国人の給料は月給制でないといけません
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所

特定技能1号(建設業)の外国人の給料は月給制

お世話になっております。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信(ぬかのぶ)です。

特定技能1号(建設業)の外国人の給料は月給制でないといけません。
特定技能1号(建設業)の外国人の給料は月給制でないと…、国土交通省のオンライン認定システム(外国人就労管理システム)の審査が通ることはなく、その後の入管の特定技能1号(建設業)の申請をすることができなくなります。

特定技能外国人(建設業)の月給制とは…?
Check!
特定技能1号(建設業)の給料制度が月給制でないとどうなるか…?
国土交通省のオンライン認定システム(外国人就労管理システム)の審査が通らなくなり、その後の入管の特定技能1号(建設業)の申請ができなくなります…。
Point
1

特定技能1号(建設業)の外国人の月給制にする社内体制を整えましょう

現在、建設業において外国人人材の需要が高まってきています。
特にベトナム、インドネシアといった東南アジアの国からの希望が多いと見受けられます。

建設業の会社の多くは日本人従業員の給料制度が『月給日給制』です。
そして、特定技能1号(建設業)の外国人も『月給制』でしないといけません。
これは、建設業において天候により工事ができなくなった場合に給料が支払われないと、外国人の給料が減り、離職や失踪を招く可能性が高いことから、天候により工事ができなくなってもきちんと給料が支払われる月給制になりました。

技能実習の外国人も現在は天候により工事ができなくても、それは外国人の自己都合によるものではないので、工事ができなくても給料を減らすことはできなくなっています。

Point
2

月給制は法律用語ではない(2023年3月に関東地方整備局の担当職員にきちんと確認済み)

月給制には、日給月給制、月給日給制、完全月給制の3種類が存在します。
しかし、日給月給制や月給日給制、完全月給制という用語は法律用語ではないとのことです。
従って、国土交通省の審査においては、会社によって意味合いが異なったり…、と統一された基準でもなく…、さらに法定された用語でもないことから、
特定技能1号(建設業)の外国人の給料制度が『月給制』は、
『特定の分野に係る特定技能外国人受入れに関する運用要領 -建設分野の基準について-』

『国土交通省の特定技能におけるQ&Aの5-2の記載内容(2023年9月24日現在)』
に掲載された『月給制』の内容を基準としています。

Point
3

国土交通省の特定技能におけるQ&Aの5-2の記載内容(2023年9月24日現在)

Q 月給制とのことですが、日給月給制でも構わないのですか。

A 月給制とは、「1カ月単位で算定される額」(基本給、毎月固定的に支払われる手当及び残業代の合計)で報酬が支給されるものを指します。
特定技能外国人に支給される報酬のうち「1カ月単位で算定される額」が、同等の技能を有する日本人の技能者に実際に支払われる1カ月当たりの平均的な報酬額と同等であることが求められます。
定技能外国人の自己都合による欠勤(年次有給休暇を除く)分の報酬額を基本給から控除することは差し支えありませんが、会社都合や天候を理由とした現場作業の中止等による休業について欠勤の扱いとすることは認められません。
天候を理由とした休業も含め、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合には、労働基準法に基づき、平均賃金の60%以上を支払う必要があります。
また、休業する日について本人から年次有給休暇を取得する旨の申出があった場合、年次有給休暇としても問題ありません。

お気軽にお電話でご連絡ください
070-3892-7581 070-3892-7581
受付時間:10:00~19:00
Access

事務所からオンラインまでご希望の時間と場所で皆様のご相談を承っております

概要

店舗名 相続、ビザ、会社設立、補助金申請代行の『行政書士葛飾江戸川総合法務事務所』
住所 東京都葛飾区東水元4丁目11−40
電話番号 070-3892-7581
営業時間 9:00〜19:00
定休日 土日祝
最寄り 葛飾区、江戸川区を中心に周辺の地域

アクセス

葛飾区や江戸川区を中心に相続、車の名義変更、車庫証明、千代田区や港区で会社設立、補助金申請代行、台東区や新宿区でバー、スナック、キャバクラオープンを行う、地域のニーズに合わせた業務を行っています。
外国人(ビザ)関係、建設キャリアアップシステム登録でしたら、オンライン申請対応可の事務所ですので全国対応も可能です。
まずは皆様のお話をお聞かせください。
しっかり伺い、適法で安全なご提案をさせていただきます。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所

お世話になっております。
行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信(ぬかのぶ)です。

今回は特定技能1号(建設業)の外国人の給料は月給制でないといけないことについて紹介させていただきました。
そして、その月給制はサイトなどに掲載されている、日給月給制や月給日給制、完全月給制を参考にするのではなく、国土交通省や法務省(出入国在留管理庁)が定めた月給制の内容で雇用しないといけません。

特定技能1号外国人を雇うにあたり、
雨のため工事ができなかった分は給料を支払わなくてもよい
という誤った認識を持っていると大変です。
自己都合による欠勤は基本給から差し引いても差し支えないですが、天候などの会社都合による休業には労働基準法に則って、平均賃金の60%以上の報酬を支払わないといけません

特定技能制度はまだ新しい制度ですが、制度内容が複雑です…。
そのため、制度の理解には時間がかかります。
それは行政書士であるわたくしも同じでした。

皆様が安全に特定技能制度を活用していけるようお役に立てたら、と思いますので、特定技能1号(建設業)をご検討の場合はお気軽にご連絡くださいませ。

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事